いなみ野病院の特長

仙齢会いなみ野院は認知症疾患と高齢の患者さんを中心とした、長期療養病床です。

ホーム > 病院紹介  > いなみ野病院の特長

長期療養のできる加古川市唯一の介護療養病床。

当院は認知症疾患と高齢の患者さんを中心とした、長期療養病床です。

慢性期医療認定病院

良質な慢性期医療を提供する病院として日本慢性期医療協会より認定を受けています。
当院は、病状は安定しているが、慢性の病気で長い期間療養しなければならない、リハビリが必要、寝たきり、老人性認知症などにより在宅生活が難しいなど、そういった方のための入院施設です。

チーム医療

住み慣れた地域で最後まで暮らしたい、という地域の方々の声にこたえようと医師、看護師、准看護師、介護福祉士、介護士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、放射線技師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーが一体となって、個々の患者さんに合った療養計画を立てケアを行います。定期的にご家族にも参加いただき、一緒に療養計画を考えながら、患者さんの病状や療養状況を判りやすくご説明、サポートさせていただきます。
また、摂食・嚥下機能の低下により食事の経口摂取が困難となっても、自分の口から食べる楽しみを得られるよう、多職種による支援にも力を入れています。

快適な機能訓練室でリハビリ

生活機v能の改善などを目的として、理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っています。

  • 理学療法

    大きいな写真で見るイメージ
    身体に障害をお持ちの方に基本的な動作能力(寝返り、起き上がり、歩行、座位保持、立位保持、車椅子駆動など)を中心とした訓練を行います。
  • 作業療法

    大きいな写真で見るイメージ
    身体あるいは精神に障害をお持ちの方に作業(手工芸、園芸、絵画、談話等)を通じて生活機能の改善を図ります。
  • 言語聴覚療法

    大きいな写真で見るイメージ
    言語や摂食機能に障害をお持ちの方に対して障害された機能の改善・維持あるいは代償させる為の訓練を行います。

その他に理学療法、作業療法を併用して、ゲーム、お話、歌などレクリエーションも行っております。
患者さんが集まることで社会性が促され、楽しみながら運動できる機会を提供しております。

大きいな写真で見るイメージ

嚥下困難対応食

病状に合わせた食事はもちろん、より美味しく召し上がっていただくために、季節感あふれる特別食も用意しています。また、嚥下障害(飲み込みが難しい)の方に対する嚥下困難食も用意しております。

大きいな写真で見るイメージ

医療相談

ソーシャルワーカー(相談員)が、入院の相談や入院生活に関する相談、経済的・介護保険など制度的な相談、退院後の将来的な相談(在宅介護、施設利用等)に対応しお手伝いいたします。

大きいな写真で見るイメージ

特浴室

体の不自由な方も寝たままで、快適にご入浴頂ける専用の入浴装置をご用意しております。

大きいな写真で見るイメージ

理容室

院内には外出が難しい患者さんのための専用理容室をご用意しております。

© 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 いなみ野病院
先頭へ