病院長ごあいさつ

医療・介護の専門職を結集したチーム医療を推進、質の高い高齢者医療サービスを目指す。

ホーム > 病院紹介  > 病院長ごあいさつ

いなみ野病院 院長

院長嘉悦 博

良質な医療提供を目指す
高齢者の長期療養病床の病院です。

いなみ野病院は、医療法人仙齢会の一員として、はりま病院、はりまクリニックとグループを形成しています。仙齢会では、急性期医療から慢性期医療における高齢者医療まで、播磨地域で求められているものを提供できる医療体制を整えていますし、大きな視野で「地域連携」を常に考えています。この中でいなみ野病院は、急性期病院からの患者様を受け入れ、介護施設への橋渡しをする療養型病院の役割を担っています。
療養型病院の説明をするのに、当院に入院申し込みに来られた患者の御家族に、以下のようにお話ししています。

自宅におられたり、施設におられた時に具合が悪くなり、救急車で一般病院に入院された場合、良くなられたら元の場所に戻られるのが一般的です。しかし、高齢、重度の持病がある、状態が変わった等の理由で、元の場所では受け入れ難くなった患者様を受け入れる場所です。

酸素や点滴、処置などの医療行為が主であれば、医療療養病棟(医療保険を使用)、介護が主であれば介護療養病棟(介護保険を使用)に入院していただきます。どちらの療養病床でも基本的な事項は、全身状態の管理、栄養(食事)管理、入浴や清拭の管理、適度のリハビリ訓練であるのは変わりありません。

保険の制約上、医療行為は一般病院と同程度には出来ないので、患者様の状態が悪くなった時は、病状 の説明と適切な治療法があるのかをお話しします。他病院での治療が良いと思えば理由を説明し紹介し ます。療養型病院の役割は多く、複雑ですので、入院された患者様の病院に対する評価を常に検討し て病院運営に反映していくことを心掛けています。このため、日々の診療行為、患者様からのご意見、 アンケートなどの内容を分析し、仙齢会の目的にかなっているのかを真摯に検討しています。

仙齢会では、急性期から終末期、看取りまで、断らない医療、断らない介護を職員一同で目指します。

どうぞ医療だけでなく、福祉、介護についても直接お越しいただき、職員と御相談なさってください。

いなみ野病院 院長 嘉悦 博

© 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 いなみ野病院
先頭へ